おじいさんの歩道での日課

Posted by: user

12月 16th, 2013 >> nocategory

歩道で路地の奥のおじいさんとおばあさんがお話をしています。

おばあさんは杖をついています。
おじいさんは、時々、酸素ボンベのようなものを引いて歩いています。
きっと、積もるお話があるのでしょう。

おばあさんはお子さんもいるようですが、おじいさんには子供はいません。
しかし、昔を知っているお二人は、積もる話があうんの呼吸でわかるのでしょう。
話の弾むのは羞恥のことです。
ご近所の方たちも、決して、邪魔することはありえません。

いつも、うちの悪口をこのおじいさんとうちのお隣のおじいさんで噂していますが、
今は、おばあさんと楽しそうに会話しています。
意地悪なおじいさんも気を利かしてか、出てくる様子はありません。
ありがたいことです。
おばあさんがおひとり参加するだけで安心できます。

Comments are closed.