ギョウザがうまく作れない

Posted by: user

4月 10th, 2014 >> nocategory

今日の晩御飯はギョウザでした!

…正しくはギョウザになるはずだったものでした。

途中までは完ぺきだったんです。ちゃんと具ははみ出さなかったし、
ひだもきれいに閉じれたきれいなギョウザ(生)は作成できたんです。

問題はこの後、焼きの作業からでした…。

ちゃんとレシピに沿って、油広げて、ギョウザを並べて、
水溶き片栗粉を回しいれて蓋して蒸し焼きにしました。ここまではよかったんです。

焼きあがってとるときに反乱がおきました。

底が一切はがれない!
フライパンに張り付いて箸とかヘラの入る余地が全くない。

で、力ずくでヘラを入れたら本体と底がきれいにパージ、したのは少数で、
残りは中身と皮がびりびりのボロボロに。皿に乗ったときはもう、かつての姿は見る影もない。
なにこれ、残飯?って言われてもおかしくないそれはそれは無残な姿になってしまっていました。

もちろんフライパンには焦げ付いたギョウザの底が力の限り張り付いていて、洗うのが非常に大変でした。
どうしてこんなんなっちゃったんだろう?

まあ、見た目はともかく味は大丈夫だったのが唯一の救いです。

Comments are closed.